スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UNISON SQUARE GARDEN「UNISON SQUARE GARDEN」(2009年)

 今回のアルバムはUNISON SQUARE GARDENの1stフルアルバム「UNISON SQUARE GARDEN」。どんなバンドが好きかと聞かれたら私は真っ先にこのバンドの名前を挙げますが長くて言いにくいです。
 実は自分が邦ロックなるジャンルを聴くようになったのはこのアルバムがきっかけなので、このアルバムやこのバンドには結構な思い入れがあるのです。そんなことはどうでもいいか。

 最近「シュガーソングとビターステップ」で一気にその知名度を高めたUNISON SQUARE GARDENですが、「オリオンをなぞる」「桜のあと (all quartets lead to the?)」などのタイアップの曲ばかり知られているような気がしないでもない。それらの楽曲のクオリティは間違いなく高いし、それらが有名なだけで嬉しい私ですが、せっかくなのでこの機会に他の曲も聴いてもらえたらなぁとちょっと思います。
 そんな感じでジャケットはこちら。

UNISON.jpg

 一曲ずつのコメントと感想は続きより。


 ①カラクリカルカレ
 「UNISON SQUARE GARDEN」の幕開けを告げる、アルバム全体を勢いづけるような一曲目。のっけからギターリフが鋭く、若さ故の荒々しい演奏からは聴き手をアルバムに引き込むには十分すぎるほどの熱を感じます。個人的には特にドラムが好き。

 ②センチメンタルピリオド


 キャッチーなメロディ、意味はよく分からない部分が多いものの遊び心は忘れない歌詞、エッジの効いた演奏と抑揚をつけた曲構成などなど、非常にUNISON SQUARE GARDENらしい一曲。メジャーデビューシングルとなったのも頷けます。《みたいな》なんて若者言葉的な日本語が突然挟まれたらそりゃ印象にも残る。
 メロディ、PVともに爽やかですが、《愛を謳っていた道化師も自分がウソツキって知ってた》《ロックだけで暮らしていけるなんて言い訳にしか聞こえません》という皮肉じみた歌詞からは、自分たちの音楽との向き合い方を考える、彼らの真摯な面が見え隠れしているように思える。

 ③サンポサキマイライフ
 エネルギッシュなサビのメロディと、それに乗る歌詞が非常に力強く頼もしい。《揺るがない、それだけはどうにも揺るがないんだよ》と頑なに信念を曲げない姿勢には、《いやじゃない?ならばついて来てよ》なんて言われなくてもついていきたくなる。

 ④デイライ協奏楽団
 これまでとは曲調を変えて、可愛いギターリフが楽しい曲。《気安くロックンロールを汚すな 俺もでっかいこと言える口じゃないが》と溢れかえる「自称」ロックンロールに噛み付く歌詞から、彼らがプライドを持ってロックバンドをしていることが伝わってきます。

 ⑤等身大の地球
 跳ねるベースラインがかっこいい、ダンサブルなナンバー。ハンドクラップも入っていてライブで演奏したらかなり盛り上がりそう。ところで、このバンドはメロディに対する歌詞の当てはめ方や韻の踏み方がわりと独特だなと思います。

 ⑥MR. アンディ -party style-


 少しゆったりしたBPMで、体を揺らしたくなるような曲。「等身大の地球」に続きハンドクラップが入っていますが、シーケンサによる電子音も加わってこれまでの曲とはだいぶ違うテイスト。聴き終わる頃には、《君が残像に》《存外に》など何度も繰り返されるフレーズが頭から離れなくなります。ちょうどいい距離感で元気をくれる歌詞も良い。

 ⑦WINDOW開ける
 Aメロで《おしまい おしまい さよならよ》と歌いながら溜めこんだ鬱屈した気分を一気に吐き出すかのような、サビのずっしりと重いサウンドがとても印象的。間奏のギターもエモい。
 《嫌いなんだよ 媚びんの》と吐き捨てながら、《でも史上稀にデリケート》なんだそうだ。強気なんだか弱気なんだか分からないところに、かっこつけただけでも内向的なだけでもない、リアルな人間臭さを感じます。

 ⑧マスターボリューム


 「WINDOW開ける」でずしんと重みを残しながら終わったあとに鳴り出す、ヒリヒリと焼けつくようなギターの音がかっこいい。これ一曲だけでもとてもかっこいい曲だが、この曲順で聴くと「WINDOW開ける」の雰囲気を壊さないままこの曲の焦燥感が増幅されるようでますます良い。
 《何が正しくて、何が間違っているのか 全部わかんないが、問題ない》と、苛立ちを抱えたまま突き進む歌詞とそれに呼応するようなメロディは、アルバム中でも屈指のエネルギーを放っている。

 ⑨いつかの少年
 歌詞の意味は正直よく分からないけど、とにかく斉藤さんの歌声に感情がこもっていて熱い。演奏面で音が派手じゃない分、斉藤さんの透明でありながら棘のあるボーカルがとても光る曲。ベースのリフがわりと好き。

 ⑩箱庭ロック・ショー
 同じフレーズを繰り返すサビのメロディが猛烈にキャッチー。息の合ったバンドアンサンブルによるドラマチックな曲構成は1stアルバムの曲とは思えない完成度。間奏がすごく好みです。
 「センチメンタルピリオド」から感じたこのバンドらしさをここでも強く感じます。インディーズ時代のアルバム「新世界ノート」にも「センチメンタルピリオド」「箱庭ロック・ショー」が収録されていることを考えると、彼らのスタイルは随分早くから確立されていたのかもしれない。すごい。

 ⑪クローバー
 コーラスワークが美しい、壮大な曲でこの「UNISON SQUARE GARDEN」は終わります。アルペジオが非常に綺麗。
 《君がここに居ないことであなたがここに居ないことで 回ってしまう地球なら別にいらないんだけどな》という少年のようなフレーズが瑞々しい。小説のような歌詞からは、淡く切ない情景が目に浮かびます。斎藤さんの切実な歌声も素敵。



 バンド名を冠した1stフルアルバム「UNISON SQUARE GARDEN」は、リリース当時のUNISON SQUARE GARDENというバンドをそのまま音楽にしたようなアルバムです。タイトな演奏と斎藤さんのボーカルがめちゃめちゃかっこいい。田淵さんの書く歌詞は意味が分からない部分も多いし、歌詞には興味ないって人も一定数以上いそうですが、自分はすごく好み。たまに歌詞カードを眺めては「あ、ここってこんな歌詞なんだ」と思うのが楽しい。語感の良さやメロディに乗ったときの気持ちよさもたまりません。
 今作の楽曲は、最近の曲に比べると演奏、ボーカル、歌詞など色々なところで荒々しさを感じますが、三人の息の合った演奏や、時折歌詞や歌声などから垣間見える反骨精神などはこの1stアルバムから既に顕在。むしろ、「そうじゃないんだ、俺たちはこうなんだ」と何かを否定しながら前進していく攻撃性は現在より強いかもしれない。

 そんなアグレッシブな11曲で構成された今作、曲順がとても良い。
 「センチメンタルピリオド」を含む序盤3曲でがっちり聴き手のハートを掴み、「MR. アンディ -party style-」まで様々な顔を見せつつ聴き手を音楽で踊らせると、「WINDOW開ける」からの「マスターボリューム」でテンションは一気に最高潮へ。個人的にこの二曲の流れはアルバム中で一番感情が昂ぶる。それから「いつかの少年」で歌を聴かせた後は「箱庭ロック・ショー」でもう一度盛り上げ、壮大な「クローバー」でフィニッシュ。どれがシングル曲でもおかしくないハイクオリティな曲が並んだ、とてもワクワクする50分です。

 UNISON SQUARE GARDENについてはまたそのうち書く気がするので、今回はここまで。
 おすすめ曲は「マスターボリューム」。特にシンプルなギターロックが好きな人は是非。

 おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DA

Author:DA
特に音楽が好きです。好きなことやものについてばっかり考えてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。