スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the pillows TOUR 2015 "LOSTMAN GO TO CITY"@なんばHatch

 12/22にthe pillowsのライブに行ってきました。ついに念願叶ってピロウズのワンマンライブです。だいぶワクワクして行きました。自分が「死ぬまでに一度はライブで観たいバンド」として名前を挙げるほどだったので。ちなみにこれに挙げるバンドは今のところあとはアジカンくらいです。
 今回も時計も携帯も持たずに入場したため時間が分かりませんでしたが、周りの人が携帯をしまい始めたらそろそろ始まるなーって分かるのが面白かった。
 
 案の定セットリストは最後に。今回の感想はふわっとしてます。


 SEとともにメンバーが登場し、観客の手拍子の中セッティングを済ませると、まさかの「MARCH OF THE GOD」でライブがスタート。インスト曲でも特に好きな曲だったためテンション上がります。《Yes, more lights!》の大合唱。実は自分はここをずっと「Yes, alright!」だと思ってました。「Freebee Honey」は、ライブ中は全然曲名出てこなかったけどかっこよかった。この曲をモチーフにしたTシャツを物販で買っていたので、ライブ後に曲と曲名が一致した時はやったぜと思いました。

 そのあとMCを挟んでやった曲は全く聴いたことがない曲でびっくり。その前のMCでマニアックな曲をやるツアーだとは言っていたけども。でも、アルペジオがちょっとスピッツっぽかったりでなかなかよかった。
 続けて演奏された「Skinny Blues」「プロポーズ」「Mr.Droopy」は知っていたしかなり好きな曲だったのですごく楽しかった。勝手に一人で盛り上がった。特に「Skinny Blues」はthe pillowsにハマった頃からずっと好きだったし。
 「彼女は今日、」もあんまり聴いてなかったり、「ファイティングポーズ」や「Split emotion」なんかは全然聴いたことがない曲だったけど、どれもライブで聴くと良かった。特に「Split emotion」がかっこよかった。真鍋さんのギターがめっちゃエロい。

 また、新曲も披露してくれた。「カッコーの巣の下で」という曲名で、それだけ聞いた時は「さわおさんの頭の下でってことかな?」とか思ってしまったけど、そう思ったのが少し申し訳なくなるほど熱いミドルバラードでした。
 新曲のあとは有名な曲で盛り上げてくるかと思いきや、演奏されたのは「NO SELF CONTROL」。個人的には最近「RUNNERS HIGH」をよく聴いていたので嬉しかった。この曲を含め3曲がこのアルバムから演奏されており、たまたまではあるが内心ガッツポーズ。

 「アンハッピーなラブソングを三曲」というMCのあとで順に演奏されたのが「My girl」「ワカレノウタ」「FLAG STAR」。「My girl」は地味に好きな曲だったのでタイトルをコールされたときは「おっ!?」という声が出てしまった。「FLAG STAR」は季節にぴったり。さわおさんも「12月には歌いたい」と曲の前に言ってましたね。

 その後のMCではメンバーから一言ずつということで、まずはサポートのベース、アリエさんを紹介。役所広司にめっちゃ似てた。ドラムのシンイチロウさんは、ツアーを回り始めて、大阪に来てついに着替えが切れたため、なんばHatchの女性シャワー室にある洗濯機を借りて洗濯をしたとぶっちゃける。「ライブ前に乾燥機をセットしてきたので、ライブ後が楽しみです!」と、ライブ終盤を前にしてのんびりしたMC。真鍋さんもそんなMCに合わせるように、お風呂で、全裸でギターを弾いてみたら指がものすごく動いたから、ギターをやってる人は試してみるといいよ、と話しだす。普通に聞くとふざけたような話だが、演奏中もネックを指でつついて音を鳴らしたりとなかなか技巧的なことをやってのけるし、お風呂でもギターを弾こうとするほど彼がギターを好きであることが分かるMCでした。

 ラストは「Gazelle city」から「LAST DINOSAUR」を挟んで「Advice」「White Ash」で一気にフィニッシュ。「LAST DINOSAUR」の時のさわおさんのギターの弾き方がどちゃくそかっこよかったのと、ストロボが焚かれた間奏でコマ送りみたいに見えた数瞬にすごく感動した。映像でしか味わえないと思っていたものが目の前で繰り広げられて興奮。あとはもう「Advice」から「White Ash」の流れが最高すぎてここだけでもかなり満足。White Ash!!!!

 アンコールでは「ムーンマーガレット」「僕はかけら」を演奏。「ムーンマーガレット」はかろうじて聴いたことがあったけど「僕はかけら」は初めて聴いた。あとで調べたらどっちも「ペナルティーライフ」に収録とのことで、今度ちゃんと聴いてみようと思いました。でも、どちらも楽しいロックで良かった。
 二回目のアンコールでお酒を持って登場してきたメンバーは4人で乾杯してからMCを長めにとり、そしてカウントとともに「No Surrender」へ。《どんなに悲しくても生き延びて又会おう》という最後に相応しいメッセージとともにライブは閉幕。「又会おう!!」と叫ぶさわおさんやばかったですね。映像で観てからずっと憧れてた瞬間がすぐ目の前にありました。


 というわけで本当に最初から最後までマニアックな曲だらけのライブでした。「ここからみんな知ってる曲もやるから」みたいなことも一切なく、Funny Bunnyもハイブリッドレインボウもストレンジカメレオンもやらなかったけれど、どの曲もかっこよく、戸惑うこと無く楽しめたのでよかった。知らない曲があるぶん、知ってる曲でかつ特に好きな曲ではすごくテンションがあがりましたね。「Skinny Blues」や「Advice」などなど。ラストも湿っぽくなったりせず、ロックンロールを楽しみやり抜いた姿はかっこよすぎた。

 代表曲を聴きたい気持ちもあったけど、普段やらない曲をたくさん聴ける機会なんてほとんどないだろうし、ライブ映像にもなかなかない曲を演奏してくれたのはすごくラッキーだったと思う。代表曲はレディクレで聴けるし、さわおさんも「レディクレは今日とは真逆だから」と言ってたし。これを機に古いアルバムやあんまり聴いてないアルバムをもう一度聞き返してみたら、新しい発見がありそう。でもthe pillows初心者にはちょっとついていきにくいライブだったかも。終演後そんな声も聞こえてきました。同時に、長いファンもたくさんいるんだなとも感じましたね。普段行くバンドのライブよりもお客さんの年齢層が高そうでした。

 the pillowsは最近のバンドに比べると、ドラムなんかは手数も全然多くなく、曲自体もシンプルな曲が多いけれど、それでもかっこいいってのはほんとすごいなと。技術も大事だけど、それ以上のものがあるから20年以上続いたのかなと感じました。あとやっぱ「アウイエ!」って曲中も曲の後もめっちゃ言ってた。

 それと、現在新しいアルバムの曲をレコーディングしているらしく、その半分がすでにレコーディングも終わっているとのこと。「カッコーの巣の下で」もなかなかよかったし、次のアルバムも期待したいですね。

 2015/12/22 セットリスト
①MARCH OF THE GOD
②Freebee Honey
③Spiky Goose
④Skinny Blues
⑤プロポーズ
⑥Mr.Droopy
⑦彼女は今日,
⑧ファイティングポーズ
⑨Juliet
⑩カッコーの巣の下で(新曲)
⑪NO SELF CONTROL
⑫Split emotion
⑬My girl
⑭ワカレノウタ
⑮FLAG STAR
⑯Gazelle city
⑰LAST DINOSAUR
⑱Advice
⑲White Ash
アンコール
⑳ムーンマーガレット
㉑僕はかけら
Wアンコール
㉒No Surrender

 レディクレではぜひ「About A Rock'n'Roll Band」演って欲しいな。
 おわり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DA

Author:DA
特に音楽が好きです。好きなことやものについてばっかり考えてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。